フォトマスクの仕様や規格のデータシートはこちらよりダウンロード

FILCON PHOTOMASK

DXFデータ作成時の注意事項

DXF/DWGファイルご提出の場合の注意事項

AutoCAD 形式の DXF やDWGデータで作図をされた場合には、日本フイルコンにてデータ受け取り後、データ形式を変換する必要 があります。
この変換は、AutoCAD 形式の線で構成されたデータから、レーザー描画を行なう際の、面積を持ったデータへの変換となります。
変換を不具合なくスムーズに行なうためには、以下で示すいくつかの作図ルールの確認をお願いしております。
このルールに沿って頂くことで、スケジュールやコストに変更なく、スムーズにマスク作成を行なうことができます。
設計データ送付前に是非ご一読下さい。

1.全ての図形が閉じていること。また、はみ出た線やクロスがないこと

説明図1

閉図形であることが、面積データに変換するための大原則となります。

隙間やはみ出た線がないようにお願いいたします。

2.一本のラインまたはポリラインで、複数の図形を共有していないこと

説明図2

一本の線で複数の図形を共有すると、変換エラーを起こしてしまいます。

3.中抜きパターンは、下図のように作図されていること。

説明図3

同一レイヤで入れ子になっている場合、中抜きか、塗りつぶしか解釈が分かれるため、お客様の意図とは異なるデザインに仕上がる可能性があります。

中抜きの場合は、一筆書きか、レイヤ分けか、いずれかで作図をお願いします。

4.レイヤ0でのブロック登録がないこと。

【注意事項】

  • AutoCAD ではソフトの仕様上、レイヤ0 で作成したデータは、異なる層への挿入ができます。
  • 異なる層へ挿入を行なったDXF(DWG) ファイルから、GDS ファイルへの変換は、ソフトにより対応していないものがあります。
  • 日本フイルコンのメインのCAD ソフトでは対応しておりません。
  • 対応していないソフトでは、異なる層に挿入されていても0レイヤとして変換されてしまいます。
  • このような場合に、層名の修正作業などが発生しますが、修正漏れなどのリスクがありますので、0レイヤでのブロック作成はしないようお願いしております。

5.ハッチングがかかっていないこと。

ハッチングがある場合、ハッチング自体をデータの一部として変換してしまう可能性があります。

ハッチングは使用しないか、レイヤを分けていただくようお願いいたします。

6.ブロック名は英数字で構成されていること。

弊社取り扱いのCADソフトでは、日本語に対応しておりませんので、データ変換時にエラーを起こしてしまう可能性があります。

お電話からのお問い合わせ・ご相談は 日本フイルコン フォトマスク事業部 営業部まで 042-378-4141 【受付】9:00-18:00(土・日祝日 休み)
  • WEBのお問い合わせご相談 お問い合わせフォームへ
  • フォトマスク見積りフォーム 新規ユーザー登録へ

フォトマスクの仕様や規格のデータシートを使い見積もりにご活用ください。

このページのトップへ